自治体で情報収集

いわゆるリフォームをする時や耐震強度をより強化する際に受けられる制度です。こうした情報は不動産屋ではなく直接自治体に問い合わせることでのみ知ることができますから、住宅購入の際にはまず最初に把握しておきたい情報と言えます。

住む人の価値観で変わる不動産と賃貸

ここでは持家を所有しない層について、少しお話してみようと思います。消費税の増税で購入より賃貸のほうが良いと考える層は高まっているようです。賃貸のほうが自由に引越せるなど自由度があり、家族構成に合わせて安易に住み替えができます。また劣化を気にせず住まいを変えられる点は賃貸派にとっての大きなメリットといえます。近年は震災の影響もあり自然災害による所有のリスクなどの理由で住宅における価値観そのものが大きく変化しつつあります。
住宅や不動産は人間生活に無くてはならないものです。しかし住宅や不動産の形態には実に様々な種類があります。まず、賃貸か持ち家かという違いがあります。賃貸は家主からアパートやマンションや一戸建てなどを借りて、月々家賃を支払って行きます。持ち家の場合は一括購入が基本です。しかし多くの人が一括購入する資金を持たないので、住宅ローンと呼ばれる借金を金融機関よりして、金融機関に住宅ローンを月々返還していくことになります。家賃と住宅ローンの返金、どちらも毎月一定の金額を支払っているという点では同じですが、家賃は経費であり、住宅ローンの返済は資産への支出という違いがあります。つまり、いつかは自分の持ち物となるという資産性の意味で違いがあります。賃貸と持ち家にはそれぞれメリットがあります。賃貸のメリットは、その自由さです。引越したいと考えた時に簡単に引越す事ができるので、たとえば近隣トラブルが生じて引越したいけれど持ち家だから簡単に引越せない、というようなリスクはほとんどなくなります。

Copyright ©All rights reserved.新築マンションの不動産屋で知ることができない情報.